Top >  AED基礎知識 >  AED使用法

AED使用法

例のランキング>>

使用法についてはAED本体に書かれてある説明書きに加えて
音声案内もあるようなので難しくはないということです。

基本的には、
まず倒れた人に電極パッドを貼り付けなければなりません。
これは皮膚に直に貼り付けます。
毛深い人の場合は体毛を剃る必要がありますが、
かみそりはAEDの付属品になっています。
また、貼り薬は剥がし、ネックレスはとる必要があります。

電極パッドを貼る場所は、心臓を挟み込むような位置であれば
どこでもよいようです。

貼り付け場所の例(ウィキペディアより)
パッドの位置
電極パッドを貼ったあとは、AEDが自動的に、通電すべきかどうかを判断してくれます。
通電する場合は、AEDの指示通りにスイッチを操作すればよいようです。
ただし、電気ショックを与えるわけですから、自分や周りの人が感電しないように中止することが必要ですね。

一度貼った電極パッドは剥がしてはいけません。
これはAEDが患者に関するデータを取り続けているためで、
パッドを剥がしてしまうと、あとで救急隊員や医師が得られるはずのデータが狂ってしまいます。

 <  前の記事 心室細動  |  トップページ  |  次の記事 運用の実際  > 


AED設置場所

駅・周辺の風景

公的施設・銀行

スーパー・コンビニ

美容・理容・健康

書店

クリーニング

食事・喫茶店

パン・弁当・お菓子・その他食料品店

病院

その他のお店

AED基礎知識

日記

リンク
サイト管理者 山口新聞 中国新聞 徳島新聞 佐賀新聞 南日本新聞 google