Top >  AED基礎知識 >  運用の実際

運用の実際

例のランキング>>

AED自体は比較的簡単に使うことができいるようですが、
どうしても心肺蘇生法とともに使う必要が出てきます。
例えばAEDが患者の下に到着するまでの間とか、
通電の後などに心臓マッサージと人工呼吸を行わねばなりません。

これはおそらく心肺蘇生法の訓練を受けている人でなければ困難でしょう。

私のような素人にできることといえば、
倒れた人の周囲を確認して、二次的な事故が起きないよう注意したり、
救急車を呼んだり、周囲の人に助けを求めたり(専門家がいるかもしれません)、
また、設置場所を知っていれば、
AEDを取りに走ったりということができそうです。

いろいろできることはありそうですが、一人では無理です。
必ず周囲の人に助けを求めましょう。
その場合は「誰か助けてください」では誰も反応しないこともありますので、
「あなたは○○をお願いします」と一人一人指差すなりして呼びかけたほうがよいです。

人の命に関わることですから、
自分にできることは最大限やりたいものですけど、
いざ緊急事態に遭遇すると、冷静に行動できるか不安ですよね。
見て見ぬふりをすることだけは避けようと思いますけど。

 <  前の記事 AED使用法  |  トップページ  |  次の記事 池袋駅  > 


AED設置場所

駅・周辺の風景

公的施設・銀行

スーパー・コンビニ

美容・理容・健康

書店

クリーニング

食事・喫茶店

パン・弁当・お菓子・その他食料品店

病院

その他のお店

AED基礎知識

日記

リンク
サイト管理者 山口新聞 中国新聞 徳島新聞 佐賀新聞 南日本新聞 google